脊柱管狭窄症になりやすい人とは

脊柱管狭窄症、ご存知の方もいれば、一度も聞いたことが無い、という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、特に五十を超えると、誰もが発症する恐れのある病気、それが脊柱管狭窄症です。

名前の通り、脊柱管という、神経の周りを囲んでいる管が、狭窄してしまうという病気ですね。

狭窄というのはつまり、狭くすぼまっていくということですから、その結果内側にある神経が圧迫され、様々な症状を誘発する、というわけです。

神経を圧迫するというのは、なかなか厄介で、じんわりとした痛みが、長く、継続的に続いてしまいます。

その症状については後述するとして、ここではまず、どのような人が脊柱管狭窄症にかかりやすいのか、述べていきたいと思います。

まず、首とか腰に負担がかかる生活を営んでいるような人、このような方が最も危険であると言えます。

脊柱管狭窄症は脊椎の辺りに異常が生じた結果、引き起こされる病状ですから、脊椎に特に関わりのある首や腰への負担は、極力避けなければなりません。

ですから、日頃腰や首に負担を感じているような人や、そうでなくとも日常的に、いわば癖のような感じで、首を捻ったり、腰を曲げたりといった動作を繰り返していると、年齢を重ねてから、脊柱管狭窄症にかかるリスクは跳ね上がると考えて良いでしょう。

首や腰に負担がかかる、というのは例えばスポーツですね。

そもそも走るという動作自体、腰への負担は避けられないものですし、跳ぶ、跳ねるという動作が多いスポーツも、腰への負担が大きいと思います。

もちろん、だからスポーツをするべきでない、ということを言いたいわけではなく、例えばウォーミングアップを疎かにしたり、運動後のケアをないがしろにしたりしているような場合に、脊柱管狭窄症の危険が高まる、ということですね。

だから適度な運動はむしろ、健康に良いと言えます。

ちなみにこうした情報を始めとして、他にも脊柱管狭窄症に関して参考になる情報が多いサイトがこちらです。

脊柱管狭窄症ガイドをチェック

基礎的な知識を得るためにはこのサイトですね。